株式会社オーエスエム
設計部 製品設計課 
社員紹介

株式会社オーエスエム 設計部 製品設計課で働く先輩社員を紹介します。

新卒、設計未経験
コツコツと成長中
オーエスエム
設計部 製品設計課

R.Sさん
[2016年入社・新卒採用]

「やるだけやってみよう」からスタート

高校卒業を控え、将来を考えたときに、生まれ育った宍粟市で働けたらいいなという漠然とした思いがありました。そんな時期にオーエスエムの求人情報を目に留めたのが入社のきっかけです。

私は普通科を卒業したこともあり設計についてはまったく未経験でしたが「できるだろうか?」という不安ではなく、「やるだけやってみよう」という気持ちを持てたのは私が楽天的な性格だからだと思います。

とはいえ、いきなり設計の実務はできません。最初はディスプレイスタンドの構造を理解するために実際にスタンドにディスプレイをつけてみる、見て触れて、押したり引いたり動かしたりしながら構造を理解することからスタートしました。

設計したものが売れた!

初めて最初から最後までの設計を手がけたのはプロジェクターカートでした。いま思い返すと特に複雑な設計ではありませんでしたが、実際にそれがカタチなり製品になったときには嬉しくも、不思議な気分でした。

そして、それが売れた!

製品が商品になったことを感じ、ますます嬉しく前向きな気持ちになれました。

居心地の良い社内環境

先輩方からの指導で徹底していることは「依頼してくる社内の営業の先にはパートナー、パートナーの先にはユーザーがいる。そのことをどんな時も忘れるな」ということ。
私はグループ内の営業の方々と話をするときにパートナーやユーザーの顔を思うことをいつも意識しています。自分なりに迅速対応を心がけてきましたが、昨年の周年旅行の際に初めて直接顔を合わせた何人かの営業の方から「いつも対応が早くて助かっている。ありがとう」という声をかけていただいたことは励みになりました。

オーエスエムは男子校、運動部的な雰囲気があり、小中高と剣道を続けてきた自分にとっては居心地が悪くありません。(もちろん女性社員の方もいます)これからも先輩方に学び、将来的にはサイネージの筐体設計など難易度の高い設計に挑みたいと思っています。

人事・小林のコメント

オーエスグループの新卒募集ではなによりもやる気と人物を重視しますが、未経験で設計という分野に入り、コツコツと力をつける彼を見ると、その方針は間違っていないと確信できます。明るく朗らかで、初めて参加した展示会でも、いつの間にか初対面の方とニコニコと話しこんでいる、オーエスグループの愛されキャラです。