株式会社オーエス
技術部 東日本設計課 
社員紹介

株式会社オーエスの技術部 東日本設計課で働く
先輩社員を紹介します。

充実!設計女子
オーエス
技術部 東日本設計課

K.Kさん
[2017年入社・新卒採用]

カタチになるという喜び

設計という仕事の一番の醍醐味は自分が設計したものがカタチになり、それが残ることだと思います。自分が設計した何かがカタチになったときに心が喜ぶのは、創るということに携わる人にはお分かりいただけると思います。

幸運なことに私は入社二年目でそんな経験をすることができました。

それは都心の超高層ビルのシステム設計のお仕事が形になり、完成したサイネージを見たときです。
あの時、感じたものはその後の私のモチベーションになっています。

私を成長させてくれた仕事

入社三ヶ月の試用期間を終えた夏ごろ、最初のお声がけをいただきました。
超大手のゼネコンからご用命いただいたお仕事でしたが、当時の私のスキルでは本当にギリギリの仕事だったと思います。思い返すとその仕事の大変さを理解しないまま、張り切っていたようにも思います。意気込みとは別に実務に入るといろいろな現実が待っていました。

ゼネコンのご担当の方には本当にお世話になりました。叱咤激励だけではなく、実際に図面を書いてくださり、貴重なアドバイスもいただきました。いまにして思うと、仕事が円滑に進行したのは営業課長が先方と良い関係性を築いてくださっていたからだと思っています。指導してくれた先輩社員や上司は、私を暖かく見守り、要所で的確なサポートをくださりました。

終わった後に多くの方にいろいろな感謝を感じました。

この仕事を通して自分の頭の中にだけあったイメージがカタチになる喜び、そして、自分自身の成長を実感する喜びというふたつの喜びを経験できました。

現実の中でカタチにしていく

私は設計の仕事とは絵に描いた餅を本当の餅にする工夫だと思っています。自由に頭の中であれこれ絵に描いた餅を思い巡らせることも楽しいですが、仕事にはお客様のリクエストが最初にあり、そして、予算・施工条件・スケジュールなど現実があります。

現実の中でカタチにすべくあれこれ考えることはまさに仕事!私はそこに楽しさを感じています。
設計という職種を選んだからにはひとつでも多く、自分の設計したものをカタチにして残したいと思います。

人事・小林のコメント

ただただ、このまま真っ直ぐ伸びてほしいと願っています。仕事に対して意欲的、そして仕事を通しての成長意欲が伝わる人です。その一生懸命さは周りに伝わるようで、先輩社員からも応援され可愛がられ、周囲を巻き込む力を持っています。彼女自身はまだまだ若いのですが、年下や後輩に対して意外なくらい面倒見がよいという評判も聞きます。